\最大5回/11月の無料授業体験会|予約受付開始!

はじめての方へ

そろタッチをご検討中の保護者の方へ

もりや

はじめまして。そろタッチ伊勢校のサイトをご覧いただいてありがとうございます。教室長の森谷です。

皆さんは小さい頃、算数が得意でしたか?

小学校で算数が嫌い・苦手になる一番の理由は「計算」への苦手意識だと言われています。

算数の導入部分である計算問題で躓いたり苦手意識を持つと、問題を解くのに時間がかかったり、計算ミスによってテストの点数が低くなります。結果更に苦手意識を持つので宿題や授業が嫌になり、めんどくさく思ってしまい最終的に理数系全般を嫌いになるお子様が今も昔も少なくありません。

園児から児童への変化

3月まで送迎付きで通っていた幼稚園や保育園を卒園後、4月から突然重いランドセルを背負って自宅から徒歩で通学し、遊び中心だった日々も座学が中心となります。自分の名前が書けただけで褒めてもらえた園児時代とガラリと変わり、各教科テストで点数をつけられ、毎日宿題が課せられます。

新しい学校、新しいお友達、新しい先生、新しいルール。

大人は自分が子供時代に経験しているのでついついこの変化を「当たり前」と思ってしまいますが、子供たちにとっては(勿論憧れの小学生になった喜びもあると思いますが)爆発的な環境の変化の中に身を投じていると思います。

もしお子様が「計算」を得意と感じていたら

ちょっと想像してみてください。

ただでさえ、小さな体で何もかも初めての環境で毎日を過ごさなければいけないお子様たちが、もし計算を「得意」と感じていたらどうでしょうか?「自分は計算が得意!」「自分は頑張れる!」そうやって自分に自信があったらどうでしょうか。

すでにお子様が小学生になられている方であれば想像がつきやすいと思います。算数の時間に積極的にどんどん手を挙げて発言し、自信を持ってテストに挑み、計算が得意だから宿題も時間がかからないため苦にならず、結果どんどん成績もあがっていく―。

小1、2で最初に習う一桁の足し算引き算や九九は全ての計算の基礎です。

「筆算」「分数・少数の計算」「面積・体積」「速さ・割合・濃度」など、高学年になり問題が難しくなったとしても、中高で習う方程式も微分積分も、結局一つ一つを汲み解けば、一桁同士の足し算引き算や九九が基本になっています。

そろタッチでは2年で暗算名人を目指します

そろタッチは「暗算力」を鍛えるためのプログラムです。

そろばん2,000年以上の歴史と、日本のそろばん教室が持つ高いそろばん技術に、世界標準の両手式(日本は片手が主流)と最新のテクノロジーを取り入れた独自の学習プログラムで、5~8歳の間にそろタッチを始め毎日継続して取組むと平均約2年で以下のような計算が「暗算」で解けるように、カリキュラムが組まれています。

実用的な暗算力を身に着けよう

四則計算を「見て解く・聞いて解く」とバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろんのこと、日常生活にも役立つ実用的な暗算力が身に付きます。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は日々進化しつづけており、2017年には日本e-Learning大賞の頂点となる「最優秀賞」を受賞しました。

ちなみに、そろタッチでは、そろばん教室の上級者がやる例えば10桁10口の加減算のような日常で使わない問題までは進みません。

もりや

もし、それをやる必要がある場合や、スーパー計算・スーパー暗算が出来る様になりたい!と思われるのでしたら、そろタッチではなく、初めからそろばん教室をお勧めします!

短期効率的な学習法

私は塾やスポーツなどでビジネスマン以上に忙しい毎日を送っている小学生の限られた時間を無駄にしたくないと思っています。送り迎えをされる保護者の方の時間も同じです。

世界最速の暗算法といわれる「そろばん式暗算法=イメージ暗算」を楽しく短期効率的に習得できるように、そろタッチでは最新技術のAIやタブレットの性能、ビッグデータなどを徹底して解析し、科学的なアプローチをもってカリキュラムが練られています。

ミッションは1面ずつ難易度があがるスモールステップ方式を採用。更に、習熟度に合わせてミッションを自動的に反復学習する仕組みにより、お子様一人ひとりに合った進度で学習を進められます。

保護者の方がそろばん経験者である必要はありません。指導は全てタブレットの中の動画で行うため、お子様のペースで進めることが出来、躓いたら何度でも確認することが可能です。ゲーム要素が盛りだくさんで、お子様は勉強しているというより「タブレットでゲームをしている」感覚だと思います。

かーる君

その感覚のまま進めていくうちに、気が付いたら計算力・暗算力がついていくよ!

あんざん力を身に付けよう

子供たちに自信をつけてあげたい

そろタッチでは、お子様がそろタッチを通じて暗算力を身に着けるのはもちろんですが、それだけではなく、この学童期の初期の段階で「継続して何かを取り組んだ経験」から「自分はやれば出来る!」という自己肯定感、つまり自信を持ってもらいたいと考えています。

継続することが容易ではない事を、大人も知っています。だからこそ、私の仕事は毎週教室に行くのが待ち遠しい!そんな教室にしていくことで、みんなのそろタッチへのモチベーションを高めることだと思っています。そのためのサポートを全力でしていきます。

まずは是非そろタッチを体験してみてください。分からない事があれば、お気軽にお問い合わせ下さいね。

もりや

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

そろタッチ伊勢校 教室長
森谷 伊織

皆さんは小さい頃、算数が得意でしたか?

小学校で算数が嫌い・苦手になる一番の理由は「計算」への苦手意識だと言われています。

算数の導入部分である計算問題で躓いたり苦手意識を持つと、問題を解くのに時間がかかったり、計算ミスによってテストの点数が低くなります。結果更に苦手意識を持つので宿題や授業が嫌になり、めんどくさく思ってしまい最終的に理数系全般を嫌いになるお子様が今も昔も少なくありません。

園児から児童への変化

3月まで送迎付きで通っていた幼稚園や保育園を卒園後、4月から突然重いランドセルを背負って自宅から徒歩で通学し、遊び中心だった日々も座学が中心となります。

自分の名前が書けただけで褒めてもらえた園児時代とガラリと変わり、各教科テストで点数をつけられ、毎日宿題が課せられます。

新しい学校、新しいお友達、新しい先生、新しいルール。

大人は自分が子供時代に経験しているのでついついこの変化を「当たり前」と思ってしまいますが、子供たちにとっては(勿論憧れの小学生になった喜びもあると思いますが)爆発的な環境の変化の中に身を投じていると思います。

もしお子様が「計算」を得意と感じていたら

ちょっと想像してみてください。

ただでさえ、小さな体で何もかも初めての環境で毎日を過ごさなければいけないお子様たちが、もし計算を「得意」と感じていたらどうでしょうか?

「自分は計算が得意!」「自分は頑張れる!」そうやって自分に自信があったらどうでしょうか。

すでにお子様が小学生になられている方であれば想像がつきやすいと思います。

算数の時間に積極的にどんどん手を挙げて発言し、自信を持ってテストに挑み、計算が得意だから宿題も時間がかからないため苦にならず、結果どんどん成績もあがっていく―。

小1、2で最初に習う一桁の足し算引き算や九九は全ての計算の基礎です。

「筆算」「分数・少数の計算」「面積・体積」「速さ・割合・濃度」など、高学年になり問題が難しくなったとしても、中高で習う方程式も微分積分も、結局一つ一つを汲み解けば、一桁同士の足し算引き算や九九が基本になっています。

そろタッチでは2年で暗算名人を目指します

そろタッチは「暗算力」を鍛えるためのプログラムです。

そろばん2,000年以上の歴史と、日本のそろばん教室が持つ高いそろばん技術に、世界標準の両手式(日本は片手が主流)と最新のテクノロジーを取り入れた独自の学習プログラムで、5~8歳の間にそろタッチを始め毎日継続して取組むと平均約2年で以下のような計算が「暗算」で解けるように、カリキュラムが組まれています。

実用的な暗算力を身に着けよう

四則計算を「見て解く・聞いて解く」とバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろんのこと、日常生活にも役立つ実用的な暗算力が身に付きます。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は日々進化しつづけており、2017年には日本e-Learning大賞の頂点となる「最優秀賞」を受賞しました。

もりや

そろタッチの卒業の目安であるSステージの最終S12は、そろばん教室でいうところの暗算3級や2級にあたるとお考え下さい。

ちなみに、そろタッチでは、そろばん教室の上級者がやる例えば10桁10口の加減算のような問題までは進みません。

もりや

もし、それ以上をやる必要がある場合や、スーパー計算・スーパー暗算が出来る様になりたい!と思われるのでしたら、そろタッチではなく、初めからそろばん教室をお勧めします!

短期効率的な学習法

私は塾やスポーツなどでビジネスマン以上に忙しい毎日を送っている小学生の限られた時間を無駄にしたくないと思っています。送り迎えをされる保護者の方の時間も同じです。

世界最速の暗算法といわれる「そろばん式暗算法=イメージ暗算」を楽しく短期効率的に習得できるように、そろタッチでは最新技術のAIやタブレットの性能、ビッグデータなどを徹底して解析し、科学的なアプローチをもってカリキュラムが練られています。

ミッションは1面ずつ難易度があがるスモールステップ方式を採用。更に、習熟度に合わせてミッションを自動的に反復学習する仕組みにより、お子様一人ひとりに合った進度で学習を進められます。

保護者の方がそろばん経験者である必要はありません。指導は全てタブレットの中の動画で行うため、お子様のペースで進めることが出来、躓いたら何度でも確認することが可能です。

ゲーム要素が盛りだくさんで、お子様は勉強しているというより「タブレットでゲームをしている」感覚だと思います。

かーる君

その感覚のまま進めていくうちに、気が付いたら計算力・暗算力がついていくよ!

あんざん力を身に付けよう

子供たちに自信をつけてあげたい

そろタッチでは、お子様がそろタッチを通じて暗算力を身に着けるのはもちろんですが、それだけではなく、この学童期の初期の段階で「継続して何かを取り組んだ経験」から「自分はやれば出来る!」という自己肯定感、つまり自信を持ってもらいたいと考えています。

継続することが容易ではない事を、大人も知っています。だからこそ、私の仕事は毎週教室に行くのが待ち遠しい!そんな教室にしていくことで、みんなのそろタッチへのモチベーションを高めることだと思っています。そのためのサポートを全力でしていきます。

まずは是非そろタッチを体験してみてください。分からない事があれば、お気軽にお問い合わせ下さいね。

もりや

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

そろタッチ伊勢校 教室長
森谷 伊織

体験授業・授業見学はこちらからどうぞ!

体験会についてはこちら!